先輩社員の声

製品開発管理部 兼 設計開発部レンズグループ 石橋 隆久

レンズ(結像光学系)設計が私のコア業務ですが、身に付けた技術的ノウハウを活かした現地動向調査を含めた海外顧客開拓・国内外新規市場開拓・市場にマッチした製品企画・各製品ポートフォリオ管理を製品開発管理部で行っています。
エンジニア自身が国内外問わず顧客の潜在ニーズと技術動向を自分の目で見て肌で感じることができる環境にいます。

モリテックスに入社した動機は?

2つあります。
1つは光学に携わる仕事をしたいということ。
もう1つは「個人の裁量が大きい」会社で自分のアウトプットを強く感じたいということ。
この2つが実現できそうなモリテックスに入社を決断しました。
今、自分の決断に間違いが無かったことを感じて日々仕事をしています。

仕事のやりがいは?

会社方針に一致していれば「個人の裁量」で、ある程度自由に案件を提案し、製品開発をすることができます。
製品開発には多くの社員が携わり、多大な工数とコストを要します。ゆえに綿密かつロジカルに議論を尽くした上で進めます。
世の中に自分が提案し開発をリードした製品が供給される。
新しい技術に触れているとき、非常に大きなモチベーションを感じます。
石橋 隆久

エンジニアとして苦労した仕事は?

2010年にアメリカのボストン郊外に光学設計者として赴任しました。
語学も万全とは言えないなか、相談する仲間・後輩がおらずたいへん苦労しましたが、自分自身でより考え、実行し、検証する力を養えました。
もちろん精神的にも一回りも二回りも大きくなれたと思います。
また、アメリカで経験したすべてが今私のスキルの「武器の一つ」になっています。

今後の目標は?

まずはレンズ設計者として、レンズ開発のすべてのプロセスに精通したいと考えキャリアを積んでいます。
野心的と言われますが、当社の重要戦略マーケットである北米に開発部門を立ち上げそのリーダーになり面白い仕事をやること。
実現させるための努力は惜しみません。


Copyright c MORITEX Corporation All Rights Reserved.