先輩社員の声

設計開発部レンズグループ 瀧口 聡志

入社以来一貫してレンズ(結像光学系)設計を担当しています。
チーム構成は現在私を含めて5名、このほか顧問契約をしているこの道のプロフェッショナルの方がいて定期的にスキルのボトムアップを行っています。
加えてこの4月に3名の新卒新入社員を新たにチームに迎えましたので楽しみです。

モリテックスに入社した動機は?

「光学設計ができる」こと。
ただ光学設計ができることだけではなく、付随してさまざまな経験ができそうだ、と思ったからです。
実際、光学設計をメインに機構・カメラ含む全体の設計構想から営業同行でのお客様との打ち合わせ、国内外の市場開拓同行含めて自身のコアスキルを中心に幅広く見渡すことが出来ています。

仕事のやりがいは?

お客様へ直接仕様設計を提案した製品が採択され、試作が高く評価されて量産化されたとき、そしてもう1つは難易度の高い設計がクリアできたこと、エンジニアとして非常にやりがいを感じます。
また、短納期設計はスピード感をもって臨まないと間に合いません。こういった状況下では「やってやる!」という気持ちが前に出てモチベーションが上がるのを感じます。
瀧口 聡志

今後の目標は?

光学設計者としてだけではなく、製品開発・事業開発にも携わることができるマーケティングも自分の武器としたいと考えています。市場のニーズをこの目で見極め、最先端の技術ニーズを肌で感じ、光学設計者として更に付加価値を高めてお客様に満足してもらいたい。今の私の目標です。

光学設計を志す後輩に向けて

光学設計は奥深いです。
自分が光学設計者として経験してきた10年の経験を、欲を言えば1-2年で経験してもらいたい。私自身が経験し、壁にぶつかり悩んだこと、ブレイクスルーしてモチベーションを感じたこと、設計以外のこと全てを、私より早く乗り越えて習得してほしいです。
そのために光学設計以外の業務は設計の幅を拡げる上で重要です。
それらを入社間もないうちから経験してほしいと思っています。


Copyright c MORITEX Corporation All Rights Reserved.