マシンビジョンシステム

マシンビジョンレンズ

両側テレセントリックレンズ NEW

モリテックスの両側テレセントリックレンズは、物体側テレセントリックレンズや数々の光学製品で培った光学技術を駆使して完成した新たなレンズです。
最新の光学デザインにより、視野の中心から周辺、そして深度内において、高解像でかつ最大限まで歪みをなくしました。
また、最適な平行光を照射するテレセントリックバックライト照明もラインナップしており、これらを組み合わせることで最適な計測環境を実現します。

カタログダウンロード
bi-telecentric:0.6MB

平行光バックライトの効果と違い

拡散板の設置による効果

拡散板を挿入することにより、完全な点光源ではなくなり、約3.2度程度の光を拡散させて照射することができます。これにより設置時の角度調整が容易になり、より均一な画像が得られやすくなります。ただし、物体における回り込みの光が大きくなり計測精度が悪化する恐れがあります。

placase

注射器シリンジ

通常のバックライト

placase

光の回り込みがあり、表面状態や内部状態の確認が可能。

バックライト+ライトコントロールフィルム

placase

通常のバックライトとテレセントリックバックライトの中間的な見え方

テレセントリックバックライト

placase

光の回り込みがないため、表面状況や内部状況は確認できないが、輪郭が鮮明になりエッジが強調される。

バネ

通常のバックライト

placase

光の回り込みがあり、被写界深度の深いテレセントリックレンズでは表面状態の確認が可能。輪郭部は明瞭でなくコントラストが低い

バックライト+ライトコントロールフィルム

placase

通常のバックライトとテレセントリックバックライトの中間的な見え方

テレセントリックバックライト

placase

光の回り込みがないため、輪郭が鮮明になりエッジが強調され、正確な寸法計測が可能。

ベアリング

 

placase

バックライトで、輪郭を見る

通常のバックライト

placase

輪郭の内側が光っており、 コントラストが低い。

平行光バックライト

placase

輪郭の端まで暗く、 輪郭のコントラストは高い

ネジ

 

placase

バックライトで、輪郭を見る

通常のバックライト

placase

輪郭部が明瞭ではなく、
コントラストが低い。

平行光バックライト

placase

輪郭の端まで暗く、
輪郭のコントラストは高い

プラスチック凹凸部(文字)

 

placase

バックライトで、文字を観察

通常のバックライト

placase

境界部が明瞭ではなく、
コントラストが低い。

テレセントリックバックライト

placase

境界部は明暗が大きく、
コントラストは高い

このページのトップへ