機能性材料・精密部品

粒子

粒子径標準粒子 NISTトレーサブル

  • Thermo Fisher Scientific社の標準粒子はNISTと粒子径測定方法の共同開発を行い、NISTの標準として採用されるなど、各分野で高い信頼を得ています。
  • 真球度に優れ、粒度分布がそろっています
  • 品種は100種類以上<材質・粒径によりお選びください。>

ホウ珪酸ガラス粒子は他のガラス粒子に比べ、物理的、熱的安定性が優れていると共に耐薬品性、耐溶剤性にも優れています。粒径の校正はNISTの光学顕微鏡法に準拠する方法で行なっています。

9000シリーズ(ホウ珪酸ガラス)

主な用途

  • 各種分析装置の校正用
  • 粒子分布・計数装置
  • 半導体ウエハー表面異物検査装置
  • 血球計数装置
  • 粉塵計
  • 濁度計など

特性

材質 粒子密度g/cm³ 屈折率@589nm,23℃ 軟化点 比誘電率@1kHz20℃
ポリスチレン 1.05 1.59 - g
スチレン・ジビニルベンゼン 1.05 1.59 - -
ポリメチルメタクリレート 1.19 1.49 - -
シリカ 1.8〜2.2 1.40〜1.46 - -
ホウ珪酸ガラス 2.50〜2.55 1.56 846℃ -
ソーダライムガラス 2.4〜2.5 1.51 720℃ 7.3
品名 呼径(µm) 保証平均粒子径(µm) 標準偏差(µm) CV値(%) 粒子個数
乾燥粉末状、光学顕微鏡法による粒子径測定、1g容量
9002 2 2.0±0.5 0.6 30 9.5×1010
9005 5 5.1±0.5 0.6 12 4.4×109
9008 8 8.1±0.5 0.9 11 1.5×109
9010 10 10.0±1.0 1.1 11 7.6×108
9015 15 15.9±0.6 1.8 11 2.7×108
9020 20 19.3±1.0 1.9 9.8 1.5×108
  • 製造バッチにより、上記表と若干異なる場合があります。
  • CV値(Coefficient of Variation) : 粒子径の均一さ、平均粒子径に対する標準偏差の割合

ご要望シート

このページのトップへ