Vision China, 上海

中国のマシンビジョン関連の展示会で最も大規模な Vision China 上海が、3月14日から16日の3日間、上海で開催されました。


MORITEX Technologies は、これまでで最も広い54?のブースにて出展し、3D Projector デモンストレーション、 追加ラインナップを加えた両側テレセントリックレンズのフルラインナップ、同じく両側テレセントリックレンズのデモ展示、 その他多くのレンズ、照明製品などを展示いたしました。


最も主力となるのは、3D Projector デモンストレーション、DMD(Digital mirror device)を搭載したパターン投影用のプロジェクタです。 最新の光学シミュレーション技術により、高輝度で高コントラスト、かつ斜め照射時の高い均一性を実現しました。 この3D Projector デモンストレーションでは、アプリケーションや仕様の詳細のプレゼンテーションを行い、多くのお客様が興味深く耳を傾けていらっしゃいました。


また、2016年末に発表したMTLシリーズに、新たに25mmから90mm、120mm、240mm、310mmの視野を加え、フルラインナップでの両側テレセントリックレンズを一同に集結して展示いたしました。 このMTLシリーズは、幅広い視野と多数のカメラに対応可能で、様々な精密計測アプリケーションに利用することができます。


製品の展示の他にも、MORITEXはマシンビジョンレンズの開発に関して非常に高い技術を持ったグローバルメーカーであり、また、中国市場においても、開発、製造、営業、技術サポートなどのきめ細かいサービスを行っていることを訴求、その存在感をアピールいたしました。


MORITEXは、今後も中国でのマシンビジョン業界において、市場のニーズに沿った製品開発、お客様へのベストソリューションの提案を続けてまいります。


Copyright c MORITEX Corporation All Rights Reserved.