Automate 2017

去る4月3日から6日まで、アメリカ・シカゴにて、Automate 2017 が行われました。
この展示会は、ロボットや自動化に関する中でアメリカで最も大きなもので、自動化システムを使っている様々な業界の製品に役立つ製品やシステムなどを扱う数多くのメーカーが出展しています。



MORITEX North Americaはこの展示会に出展し、マシンビジョンレンズ、LED照明製品を数多く展示しました。




今回、MORITEX North Americaが展示した中で最も主力となるのは、3D Projector デモンストレーション、DMD (Digital Mirror Device) を搭載したパターン投影用のプロジェクタです。
最新の光学シミュレーション技術により、高輝度で高コントラスト、かつ斜め照射時の高い均一性を実現しました。





もう一つの主力製品である、両側テレセントリックレンズの展示では、MTL-265 、MTI-265、large ring light、および、
SVS-Vistekのカメラ、ソフトウエアを使ったデモユニットの展示を行いました。
このMTLシリーズは、幅広い視野と多数のカメラに対応可能で、様々な精密計測アプリケーションに利用することができます。




また、ブース正面の展示台に、その他のMMLレンズ、FAレンズの各シリーズ、LED照明を展示し、新製品を中心に、多くのお客様から好評をいただき、成功のうちに展示会を終えることができました。




MORITEXは、今後もUSでのマシンビジョン業界において、市場のニーズに沿った製品開発、お客様へのベストソリューションの提案を続けて参ります。


次回2019年の情報は、こちらをご覧ください。

Copyright c MORITEX Corporation All Rights Reserved.